スクールの突然日記。

JUGEMテーマ:スポーツ

皆さま、ご無沙汰しております。

チャオ御岳スノースクールです。
毎日暑い日が続いてますが、
スノーボードの事をすっかり忘れてしまっている人。
毎日スノーボードの事が頭から離れない人。
それぞれにお過ごしだと思います。
ワタシは、立場上スノーボードの事が頭から離れる事はないんですがね(笑)
最近、巷では室内での講習や座学も増えてきて、
雪の無いオフシーズンにも上達しようというモチベーションの高い方もずいぶんと増えましたね。

さて、例年ですとシーズン前には、各有名ライダー達やスクールさんが

『ポジションキャンプ』

こんな感じのキャンプを開催される事が増えますよね〜

シーズンイン前にポジションを確認〜とか、

しっかりポジションを作ってシーズンイン!!とか・・(笑)
でも、、
このポジションっていったいなんなんだろう??
正解があるんだろうか??

ワタシもご要望によってはポジションキャンプやレッスンを行うことがあります。

ですが、あまり大人数では行いません。

というか、出来ないんです(泣)

ワタシの力不足で・・。

私自身は、ポジションに正解は無いと思っています。

また、それはあったとしても日々変わるものだと思っています。

雪質、斜面、天候、技量・・それぞれによって変化していくはずなんです。

そんな難しいポジションを大人数にたいして、

『いいポジションとはココです!』

なんて講習はワタシには無理デス・・(-_-;)

ですが、少しでも良いポジションを見つけるための考え方を教えるコトは出来ます。

出来ると思っています。

日々刻々と変化するベストポジション、そしてベターなポジション。

 

一般的には、初心者は前脚に乗ってテールを操作して向きを変えるスライド系の滑り。

でも、前脚に乗りっぱなしだと疲れるから時々真ん中に移動して休んでみる・・とか、

 

前脚に乗っているんだけど、少〜し角付け量を増やしてみて速く深く曲がってみるとか、

テールのスライド量を減らしてポジションも真ん中寄りに移動して、角付けをメインにターンをしていくとか、

 

よりスピードを出すために後ろ寄りのポジションにして速いカービングをしてくとか、

重心の位置だけを考えても、ノーズ寄りからテール寄りまで技量その他の条件で変化していきます。

 

初心者が前脚寄りで、上級者が後ろ脚寄り・・。

それなら最初から後ろ足寄りで練習したらいいのでは??

そう考えられる人もいらっしゃるとは思いますが、

スピンで考えると、900を廻す人も最初から900だけを練習してた訳ではありません。

最初は180に始まり、360・・540・・と増やしていった方がほとんどだと思います。

何事にも段階があってのトレーニングであり、ステップアップなんです。

そんなワタシが最近、イメージし始めたのが、前脚荷重でのカービングです。

今現在は、がっつり後ろ足に乗ってカービングをしていますが、

このままの滑りで、センターポジションにし、やがて前脚に乗って現在と同じか、

それ以上のカービングをする・・・。

その先に見えてくるモノとは一体・・?

 

こんな事を考えながら一緒にスノーボードを楽しみませんか?

常勤スタッフ、非常勤スタッフ等

ご連絡、お待ちしております。

 

注※画像は、適当にネット上で拝借してきた物なので全く関係はありません。

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM